人気ブログランキング |

Vitamin blog

アロマエステ・4D外来再開について

新型コロナウィルス感染症で中止いたしておりました、入院中のアロマエステの施術を、6月1日ご出産の患者様より再開させていただく事になりました。

また、4D外来につきましても、6月27日の最終日より再開させていただく予定で、来週中にご予約いただけるよう、設定の準備を進めております。
改めてご予約いただける設定が完了いたしましたら、告知させていただきます。

母親教室につきましては、引き続き、助産師より個別でのご指導させていただきます。

その他、両親学級や、付き添い、お見舞いなど、その他の措置につきましても、今しばらく、現状の措置を継続させていただく予定をいたしております。

患者様の安全を第一に考え、感染状況などを考慮しつつ、段階的に措置を緩和していく予定をいたしております。

ご迷惑、ご不便をおかけしておりますが、どうぞご理解の程よろしくお願いいたします。

アロマエステ・4D外来再開について_b0109423_20151528.jpg





# by hyamada_clinic | 2020-05-30 20:03 | 病院

日本婦人科感染症学会よりお知らせ

日本婦人科感染症学会より、「妊婦さんと、妊娠を希望される方へのお知らせ」が更新されました。

どうぞどうぞご参こうになさってください。





# by hyamada_clinic | 2020-05-27 14:04 | コロナウィルス感染症

2歳未満の乳児のマスク着用について

緊急事態宣言が全国的に解除され、少しづつ、お子様と一緒の外出の機会が増えてくると思います。

新型コロナウイルスの感染対策として、子供達のマスクの着用について、日本小児医師会より、2歳未満の小児のマスクの着用は、呼吸しにくく、窒息するリスクも高まって危険だとしてやめるよう呼びかけています。
小児は呼吸器の空気の通り道が狭く、マスクを着用すると、充分に呼吸できず、心臓への負担にもつながり、マスクをする事で、また、マスクの中で、嘔吐する事によって窒息したり、マスクで顔が覆われる事で、熱がこもり、熱中症にらなったりする可能性があります。
また、マスクをすると、顔がほとんど覆われてしまうため、顔色や表情の変化など、体調の異変に気付くのが遅れるとしています。
世界的にみて、新型コロナウィルス感染症に、子どもの感染例は少なく、幼稚園や保育園、学校での集団発生はほとんどなく、新型コロナウィルス感染による子どもの重症化は少ないと指摘されています。

一方、感染症に罹患した子供に川崎病に似た症状が出る事が報道されていますが、医師らによると、この症候群が心臓に及ぼす影響は川崎病とは異なり、こちらも、乳幼児ではなく主に学齢期の子どもに発症する症状のようだとされており、このような事から、2歳未満の子どものマスク着用については、アメリカのCDC=疾病対策センターも、窒息するリスクをを考えれば着用すべきでないとしています。

新型コロナウィルスは、まだまだ未知のウィルス。
乳児が絶対罹患しないとは言えず、罹患した場合、乳児の身体へ与える影響についても、充分に研究されたとは言い切れません。

緊急事態宣言が解除されたとはいえ、お子様を連れての、買い物や、長時間の外出などは、まだ控えた方が安全だと言えます。





# by hyamada_clinic | 2020-05-25 22:00 | 美容・健康

マスクとコロナと熱中症

だんだんと暑くなって、熱中症を警戒する時季になってきました。


先日お天気の良い日に、マスクをして、買い物に出かけたら、息苦しさに、途中何度も外しました。

冷やしマスクの自動販売機も実用的に思えます。


夏になれば、マスクをする必要性はほとんどありませんでしたが、今年は、5月以降も新型コロナ感染予防でマスク着用が必須になります。

昨年でさえ、5月だけで全国で4448人が熱中症で救急搬送されています(年間熱中症搬送者の6%、総務省消防庁)


実は、熱中症の初期症状は、発熱、頭痛、そして全身倦怠感など、コロナウィルスに感染した時とよく似た症状が現れます。

熱中症なのに、コロナウィルスに感染したのかも、、、と、不要に不安な気持ちにならないためにも、しっかりとした熱中症対策を取りましょう。


人は、体内に蓄積された熱を皮膚からも放熱して、体温の上昇を防いでいます。

また、汗をかくことで、水分が蒸発し、気化熱となって体の放熱を助けます。

顔の半分をおおうマスクをすると、皮膚からの放熱が十分に行わるだけでなく、息を吐く事での放熱が阻害され、逆に熱がマスク内にこもってしまい、熱中症になるリスクが高まります。


その上、今年は外出の自粛で、外気温の変化に身体が充分に順応しておらず、例年に比べて、急激に気温が高く感じるとなど、熱中症を引き起こす可能性が高くなります。


マスクをしながら、どのように熱中症対策をすれば良いのでしょうか?


顔をマスクで覆うかわりに、衣類は、胸元や腕、手首足首などを露出して放熱するように心がけましょう。


麻や綿など通気性のよい生地を選んだり、下着には吸水性や速乾性にすぐれた素材を選ぶとよいでしょう。


半袖やノースリーブなどのほか、男性もノーネクタイだけでなく半袖の開襟シャツなどで肌の露出面積を増やす必要がありそうです。

また、頻繁に行う手洗い時に、手首までしっかり洗いながら同時に冷やすように心がけましょう。


体温の上昇自体を抑えるには「リンパ節を冷やす事」が大変効果的です。

  • 首の後ろ
  • 左鎖骨下
  • 太ももの付け根
  • ひざ裏

保冷ジェルや、使い捨てカイロの冷たい版など、暑さ対策グッズを上手く使って、リンパ節を冷やして下さい。


ハッカ油や、アロマオイルには身体を冷やす効果はありませんが、ほんの少しマスクに付けておく事で清涼感を感じ、マスクを付けている事の息苦しさを軽減してくれたり、汗の臭いも少し解消してくれます。

ハッカ油は国が定めた医薬品の規格基準書「日本薬局方」で薬効を認められた物、アロマオイルも品質の良い物を使うのをお勧めします。


マスクとコロナと熱中症_b0109423_16193426.jpg

また、マスク内は湿度が高くなるので、のどの渇きを感じにくく、水分補給が不十分になりがちになります。のどが渇いていなくても、意識的に、こまめに水分を補給しましょう。また、朝食には、お味噌汁や、梅干しなど塩分の高い物を心がけて取ってください。


日射しが強いときは日傘をさすようにして下さい。


熱中症が中等度、重度になると意識がもうろうとして正常な判断が難しくなり、命の危険にさらされることがあります。


マスクが手ばなせない今年。

外出時には、例年以上に充分な熱中症対策を心がけて下さい。


マスクとコロナと熱中症_b0109423_16204064.jpg





# by hyamada_clinic | 2020-05-16 16:12 | コロナウィルス感染症

緊急事態宣言解除後の当医院での方針

昨日、安倍首相より地域により緊急事態宣言解除が表明されました。
これを受けて、本日より、滋賀県も緊急事態宣言を解除されました。

ただ、先に緩和された、中国武漢や、韓国、ドイツ等の例が示している様に、自粛緩和後に、感染者数が一時的に増加する可能性も高い確率で考えられるため、解除されたからと言って、残念ながら手放しに喜べる状況ではありません。

当医院といたしましては、いずれ、段階的に面会、教室等を再会する予定ではおりますが、今しばらくは、患者様の安心・安全を第一に考え、当面は今の措置を続けさせていただく方針でおります。

ご不便、ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞ宜しくご了承のほどお願いいたします。




# by hyamada_clinic | 2020-05-15 09:53 | コロナウィルス感染症

PCR検査を受けるための相談連絡の判断基準の変更

新型コロナウィルスへの感染を疑いPCR検査を受けるための目安として、厚生労働省はこれまで「37.5度以上の熱が4日以上続いた場合」としてきましたが、 これについて、目安を見直しされました。

「37.5度以上の熱が4日以上続いた場合」は削除され、「強い倦怠感」や「息苦しさ」「高熱」「風邪の症状や発熱」がある場合としました。軽い風邪の症状が続けばすぐに相談をするようにとの変更となりました。

 息苦しさ、強いだるさ、高熱のいずれかがある場合や、高齢者や持病を伴うなど重症化の恐れがある人、妊娠中の人で風邪の症状がある場合も、すぐに相談してもらう。PCR検査の必要性は、これまで通り医師が判断します。

PCR検査を受けるための相談連絡の判断基準の変更_b0109423_11020005.jpg

(※図は東京新聞より参照)


お問い合わせ先


<大津市以外にお住まいの方>

滋賀県健康医療福祉部相談センター

(草津保健所・甲賀保健所・東近江保健所・彦根保健所・長浜保健所・高島保健所)

・TEL :077-528-3621(平日・土日祝日、24時間)

・FAX :077-528-4865

・E-mail :corona-soudan@pref.shiga.lg.jp

 

<大津市にお住まいの方>

大津市保健所 ※これまでと変更ありません

・TEL(日中):077-526-5411(平日・土日祝日、8時40分~20時まで)

・TEL(夜間):080-2409-1856(平日・土日祝日、夜間20時~翌8時40分まで)

 

※聴覚に障害のある方をはじめ電話での相談が難しい場合は、以下の「FAX相談用紙」を利用いただくなどし、メールおよびFAXでお問い合わせください。なお、時間帯によっては、回答までに時間を要する場合がありますので、あらかじめご了承をお願いいたします。

※携帯メールでお問い合わせの場合、返信メールが不着となるケースが多発しています。受信設定の確認をお願いします。





# by hyamada_clinic | 2020-05-09 10:58 | コロナウィルス感染症

新型コロナウィルスの対策延長について

緊急事態宣言の延長を受け、山田産婦人科でも、現在対応させていただいております、新型コロナウィルス対策も延長させていただきたい思います。

なお、クリニックとしての対策は、妊産婦の方はじめ、全ての患者様の健康と安全を考え、緊急事態宣言が解除された後も、当面の間続けて行く予定でございます。

皆様には、ご不便、ご負担をお願いし、心苦しくはございますが、よろしくご了承の程お願い申し上げます。どうぞ充分にお身体にお気をつけてお過ごし下さい。




# by hyamada_clinic | 2020-05-06 06:11 | コロナウィルス感染症

GWは、Yahoo!JAPANのおうち授業で、ステイホーム

Yahoo!JAPANでは、GW中おうち授業で、ステイホームでおうち時間楽しく学べます。

でんじろう先生の科学の実験の時間や、広瀬香美先生の歌の時間など、親子で楽しめる楽しい授業がいっぱいです!
GWは、Yahoo!JAPANのおうち授業で、ステイホーム_b0109423_15414869.jpg





# by hyamada_clinic | 2020-05-02 15:35 | お教室・イベント

新型コロナウィルス感染による脳梗塞について

(CNN)  新型コロナウイルスに感染した30~40代の患者が脳梗塞(こうそく)を併発する症例が相次いでいる。米ニューヨークのマウントサイナイ病院が22日に報告した。


ニューヨークでは、若い人の脳梗塞が7倍に増え、デンマークでは、新型コロナウィルス感染症の感染者の1/3に肺や足に血栓症を合併していたとの報告もあります。
新型コロナウィルス感染による脳梗塞について_b0109423_13095110.jpg

新型コロナウィルス感染による脳梗塞について_b0109423_13095229.jpg
(FNNニュースサイトより)


血栓が新型コロナウイルスに与える影響については現在も科学界で議論が続いていますが、一般的なウイルス感染と血栓症との関連は分かっていて。例えば、HIVは血栓の形成を促進させることが多ことから、血栓と新型コロナウィルスの関連は深そうです。

新型コロナウィルス感染症に感染した軽症者、無症者状、または回復後に、血行不良による霜焼けのような症状が足の指などに発現、ウィルスが血管や血液に異常を引き起こしているとかんがえられる。

コロナは肺だけでなく血管内皮細胞にある受容体にも親和性があるようで、あらゆる臓器に障害がおよぶのは血管壁破綻による血栓症が原因のようです。
新型コロナ感染症に由来する肺炎で亡くなった方を解剖して調べてみたところ、血栓症が主な原因だったという病理医の症例報告があります。

糖尿病の人や、高血圧の方(血管弱い)が重症化しやすいというのも理解できます。

たとえ、無症状や、軽症だったとしても、ウィルスが身体に与えるインパクトはまだまだわからない事が多く、長い目で見た時の罹患の影響は未知数だと言えます。

はじまったばかりのGW。
どうぞステイホームで、ご自身の健康をお守り下さい。




# by hyamada_clinic | 2020-05-02 12:40 | コロナウィルス感染症

新型コロナ感染症連絡先変更についてお知らせ

今まで問い合わせ先として、保健所、県の相談センターとして開設されておりました、連絡先が変更となりました。


どうぞご注意ください。

(以下、滋賀のHPより)


新番号【5月1日午前8時以降】

<大津市以外にお住まいの方>

滋賀県健康医療福祉部相談センター

(草津保健所・甲賀保健所・東近江保健所・彦根保健所・長浜保健所・高島保健所)

・TEL :077-528-3621(平日・土日祝日、24時間)

・FAX :077-528-4865

・E-mail :corona-soudan@pref.shiga.lg.jp

 

<大津市にお住まいの方>

大津市保健所 ※これまでと変更ありません

・TEL(日中):077-526-5411(平日・土日祝日、8時40分~20時まで)

・TEL(夜間):080-2409-1856(平日・土日祝日、夜間20時~翌8時40分まで)

 

※聴覚に障害のある方をはじめ電話での相談が難しい場合は、以下の「FAX相談用紙」を利用いただくなどし、メールおよびFAXでお問い合わせください。なお、時間帯によっては、回答までに時間を要する場合がありますので、あらかじめご了承をお願いいたします。

※携帯メールでお問い合わせの場合、返信メールが不着となるケースが多発しています。受信設定の確認をお願いします。





# by hyamada_clinic | 2020-05-01 09:23

女性であることをいつまでも楽しんでほしい。滋賀県の山田産婦人科からの情報発信です。お問い合わせはycyamada@gmail.comまでご連絡ください。
by hyamada_clinic
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ファン

ブログジャンル