Vitamin blog

自然の恵み

なかなか長い梅雨が明けませんが。
最近完全に地球温暖化の影響で、日本の季節模様が変化してきているのを実感します。

花粉症・豪雨・台風・豪雪・・・と季節感が刺激的!?
というか、手荒になってきた感じで、
「昔はもっと優しかったわ、、」なんて別れが近いカップルみたいに、
自然が最近、人間に全然優しくない気がします。

でも、自然が優しくなくなったのも仕方ないかもしれません。

やれ、石油だ!水だ!ねだり放題の浪費家で、
自然くんだけじゃ物足りないわと、科学くんや人工くんまで呼び出し
わがまま放題、すき放題。
いつの間にか暴君になったのは人間で、

「でもね、一番いいのは自然くんなの」などと甘えたところで、
そりゃ、自然くん怒るわ。

やはり人間には節度というものが大切なんでしょうね。
感謝して、思いやる。
それは、人間でも、自然でも同じ気がします。

小さい頃、畑仕事で汗だくの両親から裏山の畑でとれた不揃いトマトや、
へんてこな形のきゅうり、おなすに、ピーマン、とうがらしなど、
自然の恵みをたっぷり受け取って
冷たい地下水でジャブジャブ荒い、ざくざく切って、
塩ふって、さっと煮てとれたての美味しかったこと思い出します。

何ヶ月も汗をかきかき、お世話してやっと実った野菜たち。
作ってくれた人たちの苦労と努力を身近に感じて味わう野菜は格別です。

今でも裏山のお野菜たちは健在で、たくさん収穫があった野菜は
たまにですが、病院のお食事にも登場しています。
もしかしたら、もうすぐ朝採りのトマトが登場するかもしれません。
見てくれは良くないけど、野性味のあるトマトが出たらそれかもしれませんよ♪

今でも農家を続けるご近所さんは、出荷用の野菜には農薬を使い、見た目を
整えていますが、家や近所に配る分にはほとんど農薬を使いません。
だから、青虫や虫食い、曲がりくねって不揃いな野菜ばかりだけど、
濃縮された甘さなんてないかもしれないけど、
力強い大地の味がします。

病院のお料理に使われているハーブは病院の屋上でせっせとスタッフが育てて
取れたてを使っています。

どんなにがんばっても、人間は自然の一部。
食事にも、生活にも、自然を出来るだけ意識すれば、
少し自然の優しさを実感できるかもしれませんね。

そして、人間は「生きている」のではなく「生かされている」のだと
感じるかもしれません。
[PR]



by hyamada_clinic | 2006-07-22 00:09 | 病院

女性であることをいつまでも楽しんでほしい。滋賀県の山田産婦人科からの情報発信です。お問い合わせはycyamada@gmail.comまでご連絡ください。
by hyamada_clinic
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ファン

ブログジャンル