Vitamin blog

自分の名前好きですか?

自分の名前って好きですか?

私はちっちゃな頃は、珍しい名前だったこともあり、よくからかわれ、
あまり好きではありませんでしたが、今は大好きです。

初対面の人から名前を聞くと
「あぁ、○○って名前っぽい」と納得したり、
「ん?ちょっとイメージが違うな??」なんて違和感を感じたり、
知り合っていくうちに、名前とイメージがぴったりしてきたり。

結婚と言う転機で、苗字のが変わる女の子は
結婚前は、好きな人の苗字と引っ付けてみては、
「お、なかなか素敵な名前じゃない」とほくそ笑んだり
はたまた「○○って苗字と結婚すると、へんてこな名前でまずいな、、」
などといらぬ心配したり、、と、
これから自分の半生を共にする姓名に思いを馳せたりしたもので、、

昨今、お世継ぎ問題で揺れる天皇家
妊娠中の紀子さまと、苦悩される雅子さまは、
同じ女性として心の痛む問題ですが、
このお二人の名前がとても不思議にリンクしているのです。

お わ だ ま さ こ
 / \ / \ /
か わ し ま き こ

一文字づつ交互に読んでみてみてください。ね、不思議でしょ?
初めて聞いたときは「ふしぎー」程度でしたが、

もしや紀子さまが男の子を授かったら
なんだか、意味深過ぎて怖くなります。ひゃ~!!
ほんとに名前って不思議ですよね。

自分の名前がそこまで意味深な名前ではないのを知りつつも
ちょっぴり自分の名前はどんな性格かを知れる面白いサイトをご紹介します。
お試しあれ☆

音・姓名判断


よく妊婦さん達がまだお腹の中にいる、赤ちゃんにはニックネームを付けて
話しかけています。

ベーシックな『あかちゃん』

胎児の『たいちゃん』

ベビーの『べびちゃん』

期待のこもった『うちのスター』

『ベビーがね、、』と旦那さんに話しかけたら
『へび?どこにいたんだ!』と間違ったから
『へびちゃん』

ママが、3つになるお姉ちゃんに、『産まれてくる赤ちゃんの名前何がいい?』
と聞いたところ『たこ』と即答したから
『たこちゃん』

毎日少しずつ大きくなるお腹をなでなでしながら、
顔やしぐさを想像しながら話しかけてます。

そして、毎日、字画がどーの、響きがこーのと、パパと頭を悩ませて、
無事産まれた、赤ちゃんに“命名 ○○”と誇らしげに掲げ呼びかけるのです。

それからと言うもの、その“命名”された名前で、嬉しいときも、楽しいときも、
怒ってるときも、悲しいときも何度も何度も、何万回も様々な人に、
様々な気持ちで呼びかけられ、何万回もその呼びかけに答えるのです。

神様から授かった、容姿や性格でさえ成長と共に変化していくのに、
お父さんに、お母さんに、家族が一生懸命考えてつけてくれた名前は、
産まれてすぐに、そして死んでしまった後でさえも人々の記憶の中に
自分の存在として残っていくのですもの。

どうぞ、たっぷり悩んで素敵な名前をつけてあげてくださいね。
そして、両親を悩ませ、思いを込めて付けてもらった、自分の名前を大切にして、
「名前負け」なんて言われない素敵な人になりたいものですね。
[PR]



by hyamada_clinic | 2006-07-13 00:13 | 出産・妊娠

女性であることをいつまでも楽しんでほしい。滋賀県の山田産婦人科からの情報発信です。お問い合わせはycyamada@gmail.comまでご連絡ください。
by hyamada_clinic
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ファン

ブログジャンル