人気ブログランキング |

Vitamin blog

ママの力になりたいパパの会 開催報告 〜心身について〜

先週の日曜日に開催された
「ママの力になりたいパパの会」

沢山のパパに参加していただきました。
b0109423_12064123.jpg


さすがこの企画に参加してくださっているパパだけあって、意識も高く育メンっぷりも素晴らしい。

まずは、沢村先生から、産後のママの心身に起こっている事、なぜイライラするのかのメカニズムについて説明いただき、そこからパパとしてどうサポートしていくのが良いかのお話をして頂きました。

産後のママの体に起こっている事

【身体編】

出産によって体内ホルモンのバランスは大きく崩れています。
妊娠期に体内に大量分泌されていた
プロゲステロン(子宮内環境を安定させるホルモン)エストロゲン(胎児の発育させるホルモン)
が、出産後一気に減少します。

この時期を、ガルガル期と言い、ホルモンのバランスの崩れからも気が立ちやすく、どの動物も赤ちゃんを守るために戦闘態勢になる、ある意味当然の自然の流れです。

また、ホルモンの影響に加え、夜中の授乳などで、充分な睡眠時間を取れなくなって、白髪や抜け毛が増えたり、シミ、乾燥、湿疹や痒みなどの肌トラブルといった気持ちの落ち込みやすい状態になります。
b0109423_12064227.jpg



【精神編】

以上の、身体に起こっている事は、心に影響を及ぼします。
スタートしたばかりの子育ては手探り状態、
自分でもこれが正解なのか?間違っていないか?と言う不安。ちゃんと子育て出来ていないと言う自己嫌悪。
1人で育てているような孤独感。
赤ちゃん最優先のため、自分が失われていくような喪失感。
友達や、仕事、社会から隔離されたような孤立感。

パパの良かれと思った一言が、実はこの様な状態を刺激して、喧嘩になったり、より情緒不安定になったり、、、
これが極まると産後うつになっていきます。
b0109423_12064337.jpg


そうならないために。
では、どうしましょ?

ママには沢山の心理的欲求があります。
旦那さんに愛されている自信や安心感。
美味しいものも食べたいし、キレイなお部屋でゆっくり音楽を聴いたり、テレビを見たり。おしゃれだってしたい。お友達とおしゃべりしたり、自由にお出かけたりしたい。そしてぐっすり気持ち良く眠りたい、、、。

でも、赤ちゃんが産まれたら赤ちゃんをスクスク元気に育てる!というミッションが最優先。

ママ自身は満たされなくなっていきます。
頭でわかっていても、心は不満にかんじるのです。
こんなに頑張ってるのに、我慢しているのに、「ママだから当然だよ」「仕方ないよ」
と、言われてしまう。

パパは感謝や、愛情をいっぱい伝えているつもりでも、感受性は人それぞれです。
相手にそれが充分な量でなければ、それは言っていないのと一緒です。

そして、ママが欲しいのは気持ちを「理解」して、「寄り添って」欲しいのです。
どの欲求がどれくらい満たされていなくて、イライラしているのか?ママの視点で考えてみてください。

パパの中には、俺は手伝ったり、褒めたり、感謝してるのに、機嫌が悪いとおっしゃる方がいらっしゃいますが、それは「寄り添っている」けれど
「理解」していないのだと思います。
寄り添う気持ちがあるだけで、素晴らしいとおもいますが、せっかくならより効果的に寄り添って下さい。

本当にそれはママがして欲しい事ですか?
本当にそれはママが欲している言葉ですか?
ありがとうって言っとけば良いやと思ってませんか?

逆に、お手伝いしてあげたのに、褒めてくれない。感謝してくれない。なんて思ってませんか?

赤ちゃんは2人の子供です。
パパが世話をするのは当たり前と、大前提に考えて下さい。

そして、赤ちゃんと24時間片時も離れず一緒にいるのはママです。
残念ながら、パパからのアドバイスは時として、イライラを増幅させてしまいかねません。

もし、何かアドバイスする事があるならば、自分の言葉ではなく、この本にはこう書いてあったけど、どうかな?
テレビでこんな事を言っていたけど、ウチの子には当てはまるかな?ママはどう思う?と、答えはママに委ねて下さい。

めんどくさい?(笑)
ええ、そうです。めんどくさいのです。
きっと、それが2人で子供を育てるという事なのかもしれません。

パパにぜひつけて欲しい7つの習慣があります。
傾聴する。
支援する。
励ます。
尊敬する。
信頼する。
受容する。
意見の違いについて交渉する。
b0109423_12064373.jpg


特に大切なのは尋ねる事だと思います。
パパの中には、ママと赤ちゃんのために!と思いこんでしている事が、実はとっても迷惑だったりする事があります。
でも、せっかくのパパの気持ちを踏みにじる事はしたくない、、、ので、我慢してるママもいます。
パパは常に聞いて下さい。
「何か手伝う事ある?」
「何かして欲しい事ある?」
もし、ママが何もはなさなかったり言ってくれない時は、2回くらいどうしたの?と尋ねて下さい。
気にかけて、心配している気持ちを伝えたら、後はそっとしておいてあげてください。

そして、絶対避けて欲しい7つの致命的な習慣は
文句を言う
脅す
責める
罰する
批判する
褒美で釣る
ガミガミ言う

仕事で疲れているのに、家でまで気を使えるか!
と、思う気持ちもわかります。

でも、ほんの少し理解して寄り添う事で、お家の空気が穏やかになるなら、ずっとその方が居心地良いと思います。

そして、頑張ってくれるパパに、ママも当たり前と思わずに、感謝して、理解して、寄り添って下さい。
赤ちゃんは、敏感です。
お互い思いやるご夫婦の赤ちゃんは、きっと健やかに精神的に安定した良い子に育つと思います。
b0109423_12064461.jpg





by hyamada_clinic | 2016-10-10 16:45

女性であることをいつまでも楽しんでほしい。滋賀県の山田産婦人科からの情報発信です。お問い合わせはycyamada@gmail.comまでご連絡ください。
by hyamada_clinic
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ファン

ブログジャンル