Vitamin blog

カテゴリ:出産・妊娠( 20 )




おなかの中で聞こえる音

用事があって、ナースステーションに立ち寄ると、
スタッフが抱いている赤ちゃんが元気よく泣いています。

「よしよし、ママは今お祝いディナーに行っちゃったからね、
ちょっと待ってってね〜、これでどうかなぁ〜」
と言いながら、テーブルの上に置かれたipadから出る音を聞かせていました。

「ん?それなんですか?」と聞いてみると
YouTubeで、なんと胎内の音を聞けるページがあるそうで。

しばらくすると、音を聞いたからなのか?泣きつかれたのか?
赤ちゃんは泣き止みました。

もしかしたら、効果あるかも。
調べてみたら赤ちゃんが泣き止む。安眠する音が
色々あります。どれが良く効くのかな?
https://www.youtube.com/watch?v=FKULMh0L8DM
お試しあれ♪
[PR]



by hyamada_clinic | 2014-10-27 18:26 | 出産・妊娠

逆子コロコロ

出産直前友人から
『逆子なの!!どーしたら良い?!』

ふむ。
逆子とな。元気いっぱい動き回ったのか?
と、院長に質問したところ。

諸説あるが、実際のところきちんと医学的に
明確な理由は解明されていないが...

骨盤や子宮の形、双子や三つ子の多胎妊娠、胎盤の位置や、
羊水量の異常や筋腫がなど原因がある程度、明確な場合もあるが
ほとんどの場合は原因は不明なんだとの事。

どうしたら治る?と聞いたら、
これまた医学的には確立されていないし
効果があるかは不明だけど・・・との注釈つきで、
お灸や、ツボ押し、逆子体操があると教えてくれました。

当医院の患者様には、逆子がわかった時点で、
助産師さんに逆子体操の指導をしてもらっています。

逆子体操は自己流で行うと危険な場合もあるので、
ちゃんと助産師の指導のもと行ってくださいね。

お家でも出来そうなツボ押しは
こちらのビデオわかりやすいです。
(文字をクリックするとYoutubeで見れます)
至陰(しいん)
b0109423_10275634.jpg

三陰交(さんいんこう)
b0109423_10281785.jpg

こちらも、院長的には効果のほどは不明ですが・・・。

医師の妻になってからわかった事。
お医者さんて、“絶対”って言葉を使わない。

院長は説明するとき、とても言葉を選びます。
医学的に確実な裏付けがなければ、
わからない物はわからない、と伝える。
誤解や勘違いをさせないように。
出来るだけわかりやすく。
特に大切な事は、院長は丁寧すぎるくらい説明したりします。

院長の中では、医療従事者として、
それは当然の事のようですが、
経験上、どのお医者さんもそうだと言うわけではないから、
院長の診断スタイルなんだと思います。

医療現場と全く関係なく暮らしていた上に、
適当で大雑把な性格の私には、
結婚当初、もどかしかったり、まどろっこしかったりもしました。

でも、実はそれはとても大切な事なんだって思うようになりました。

何かわからない事があれば、聞いてみてください
きっと一生懸命、丁寧に答えてくれます。
b0109423_1131231.png

[PR]



by hyamada_clinic | 2013-06-24 01:14 | 出産・妊娠

やっぱり歯は命!

昨日は、山本先生の歯のセミナーでした!

「あまり、こういうセミナーなどはやったことが無いので…」
緊張の面持ちで、いらして下さった山本先生。

色々な資料や、説明画面の作製、歯ブラシのお土産まで!
お忙しい中大変でいらしたと思います、感謝、感謝です。

お話の中で、生まれたばかりの赤ちゃんには、
ムシ歯菌はいないんだそうです。

では、ムシ歯菌は自然発生するの?
答えはNOです。

ムシ歯は、何処からか移るんです‼

ムシ歯菌のDNAを調べると、何処からやって来たムシ歯菌か判るそう。

やっぱり、お母さんのムシ歯菌をルーツとしたムシ歯菌が
断然多いとか…つまり、ムシ歯いっぱいの口で、ちゅーしたり、
離乳食をカミカミしてあげると、たちまちお子さんの生えたて
ミニ歯にムシ歯が…きゃー!

て、事でお母さんは自分の為にも、赤ちゃんの為にも
ムシ歯菌が少なく、活動しにくい環境にお口を整える必要があります。

どうぞ、今は歯が痛くなくても、定期的検査とお手入れ
少なくとも、出産前には一度きちんと点検しておく事をお勧めします!
[PR]



by hyamada_clinic | 2012-07-13 09:19 | 出産・妊娠

ウニょんなあんよ

あっ!
あんよ‼

b0109423_20025100.jpg


たまたま、ネットで発見した写真です。
あまりに可愛いあんよで、ご紹介。

立派な五本指だこと。
すごいね~、いるんだね、お腹に。

その昔、大学生の頃
初めての妊娠中の姉が、お風呂から大っきなお腹を突き出して、
「早く、早く!コッチ来て!」
慌てて私を呼びつけるやいなや、腕をグイッとつかみ
手のひらを、自分のお腹にペタリと張り付けた。

「ほら?わかる⁇動いてるよ‼」

ウニょん…うにゃん…

「‼」「ほ、ほんとだ…。」

初の妊娠で、初の胎動に大興奮中の姉
まだ大学生で、妊娠にはほど遠く、わかっちゃいるけど、
生の大っきなお腹さえ、ちと、ビビるのに、
動いたっ‼とか、ひょえ~~~

生命の神秘♡
なんて余裕はまだなく、ホラーに感じてしまう、お年頃。

「ね!ね!ほら!ねっ!」とはしゃぐ姉に

「ほんとだね…す、ごいね…」
と、精一杯の引きつり笑顔。

初めてリアルに感じた、生命の不思議…

今じゃ、うにょんな甥っ子も立派な大学生。

かくいう、私も、元を正せば、うにょんな胎児だったのですが、、、

写真のうにょんも、そうこうしているウチに、
おんぎゃーっ‼て産まれてくるのね。

生命って本当に不思議。
[PR]



by hyamada_clinic | 2012-07-02 19:17 | 出産・妊娠

連日

やってまいりました、連日出産ウィーク。

出産というのは不思議なもので、毎日にばらけてやっては来てくれません。
本日、院長の病院連泊3日目。

いつ連絡しても、出産待機中の患者様の数が2人。
あれ?さっき生まれてなかった??

うん、その後、2人入院があったの。

と同じ会話をなんどとなく繰り返す私たち。
あれ?デジャヴ??

院長室のベルが鳴る。
赤ちゃん列車の出発の合図に聞こえる今日この頃。
[PR]



by hyamada_clinic | 2012-03-05 02:52 | 出産・妊娠

ちんちんを産んだのさっ!!

さて、東京行脚シリーズ第2弾

結婚前に、よく一緒に飲んでいた友達と懐かしき久々の対面です。

私が東京にいるときは、まったくもって無名人。
外資金融に勤めるエリート同級生の家に、居候ニートをしていた友人ですが、
その後、いつのまにやら野望を達成し200万部を売ったベストセラー作家に。

華やかにメディアに取り上げられ、調子に乗って、
手に入れた莫大なお金を元手に、世話になり続けた友人を引き込み
出版社を立ち上げ、作家を何人か抱えたものの、
その後の作品が鳴かず飛ばず、、、。
で、そろそろ、人生勝負どころの崖っぷち兄ちゃんと、その仲間たち。

そして、子持ち独身になり、メディア業界に出戻った美女と、
独身で可憐な美女にして、投資ファンドを運営する敏腕女社長の友人に
才能のある独身を紹介するという、一見ハイソで品の良い目的のもと
開かれることになった会合でございます。

男子たちは、相変わらずの無邪気っ振りで、成功しても変わらぬその
純粋さとバカさにホッとしつつも、あきれたりして。

彼らは彼らで、結婚生活に興味津々。
それぞれ、結婚を考えないでもない彼女持つ面子もおり、
興味を持つのも当然であります。

家庭ってどんな感じ??

女子向け恋愛指南本を執筆中という所属作家の男子もいるというのに、
視点は面白いけど、どうも男子はロマンティックに考えてやしないかい?

うだうだと、女子と結婚への幻想を語る男子へ、
私とともに、仲人的に参加した既婚の友人が呆れ顔で一言。

『あのさぁ~、わたしゃ“おちんちん”産んだわけよっ!

ちんちん産んで育ててみたら、
男の何たるかが手に取るようにわかるようになったわっ、
独身の頃、何をあんなに男とビビってたのかね?

今ならよくわかる!
才能もクソくらえ!男を操るなんて、間違いなくちょろいものだわっ!!』

そ、そうなのかっ?
なんか、かっちょいいぞ!
でも、店の真ん中で“ちんちん”言い過ぎだぞ!

今や、一男一女の母となった、その友人。
美貌と育ちの良さに、独身時代からありとあらゆる男に言い寄られるも、
辛口キャラで、バッサバッサとなぎ倒していたように見えたが、
そんな彼女も、内心男子にビビったりしてたのね・・・

当初の目的は、達成される兆しなく
なぜか家庭持ちの私たちがはじけた感が残りましたこの会合。

最大の収穫は

男はいつまでたっても成長しないロマンチストで、
女子は、子供を産むと弱い者も強く。強いものは、より強く増殖を続ける
生き物なのだということを、目の当たりにできたことでした・・・。

今宵も東京の夜は更けていく・・・。
[PR]



by hyamada_clinic | 2011-11-16 18:53 | 出産・妊娠

ママ友効果

厚生労働省が発表した2010年の合計特殊出生率
(1人の女性が一生に産む子どもの数)は、1.39と、
前年を0.02ポイントと出生率がわずかながら上昇したそうです。

2005年に1.26と過去最低を記録した後、
2006年以降は上昇傾向に転じており、
2008、2009年は1.37と横ばいで今回さらに上昇しました。

団塊の世代の子供達の駆け込み出産が、
主な理由とされていますが、
そこには「ママ友効果」なるものもあるそうです。

同じ時期に出産・子育てを通じてできた、
ママ友達と、子育てをしているうちに、そのママ友達が、
2人目を出産したりすると、もう1人産んでも良いかな…となるようで。


山田産婦人科の妊娠中のご飯は、基本ラウンジで食べていただいています。


知らない人達と食事するのは苦痛だったり、と、
デメリットもあるようですが、これがきっかけで、ママ友になり、
いつまでも仲良くお誕生日会を開かれたりしているグループが沢山あり、
2人目の出産で通院されている患者様からも、
その様子を楽しげに報告していただいたりしています!

草津の人口増加率は、相変わらずの日本で一番。

滋賀に引越して来たけど、
友達がいない中の妊娠生活で心細い方も多いんです。

イベントや、ヨガ、入院生活中に沢山ママ友作って、
楽しい子育てライフ送ってくださいね!
[PR]



by hyamada_clinic | 2011-09-13 17:41 | 出産・妊娠

自分の子供

野田聖子議員が無事出産されましたね。

この妊娠においては、女子のなかで、子供を持つということに
色々と妊娠トークをいたしました。

アラフォー女子。

ある意味、子あり・子なしの選択(選択できるものでもないのですが)を
覚悟を決めなくてはならない面々です。

そのなかで「そこまでして欲しいのか??」
という意見も多く聞かれました。


あくまでもこれは私の個人的な意見なのですが、
また、産婦人科の妻としては失格かもしれませんが、
私は、主人、両親、兄弟、そして子供も、ご縁だと思っています。

妊娠できるよう体調を整えつつも、その先は
子供に縁があるか、ないか。
その運命を甘んじて受け入れようと思っています。


けれど、妊娠・出産にいたった野田議員の執念と思えるチャレンジ、
そして、妊娠後の、あの心から幸せそうな笑顔を見ると、
そこまでしても、欲しかったのだな。と出産なさったことを
心から嬉しく、女性として応援したくなります。

ひとつ気になるのが、向井亜紀さんは、DNA的に親子であるのに
法律で実子と認められず、DNA的に親子でない野田議員は実子扱い
おかしくないですか??

今後、ぜひ野田ママ議員にそのあたり、
きっちり是正していただきたいものです。


子を持つ、持たないに限らず、女性も色々な選択肢選べる
世の中になりました。

不妊治療に疲れ、どうして自分だけ?と悲しい気持ちの女性も
たくさんいらっしゃると思います。

でも、子供を持つためにあくなきチャレンジを続けるも、
養子をもらうも、子供のいない新しい人生に、覚悟を決めるも、
同じ自分の人生ですもの、自分が楽しんで生きていける
そんな人生をえらんでいきたいですよね。
[PR]



by hyamada_clinic | 2011-01-07 12:49 | 出産・妊娠

お正月

12月・1月と、リニューアル以来、記録的な分娩予約をいただき、
院長には、お正月はもってのほか、
帰宅はおろか、睡眠もままならないはずと
覚悟していたのです。

が、

あれよ、あれよと、安産が続き、大幅に予定日から遅れ、
誘発剤を使用しなくてはいけないか?と思われたママ達も
使用直前自然分娩。

今年のお正月は、いつものお正月よりのんびりムード。

皆さん安産で嬉しいばかり。

出産数というのは、もちろん限りはありますが、
多くても、無事にすんなり産まれてくれるのに問題はありません。

それに対し、予定日より早すぎる、もしくは遅すぎる、血圧が高い、太りすぎ
などといったハイリスク分娩というのは、命の危険と隣り合わせなだけに
たった一つでも、とても神経を使います。

医師からすれば、少し問題があるな、
と思えば帝王切開をしてしまえばある意味楽な場合もあります。

けれど、当院では、母子の体を考え、極力お母さんの体にメスを入れることなく、
母子ともに健康な自然分娩を目指しているだけに、
誘発剤や、帝王切開はあくまで最終手段。

たとえ陣痛からどんなに時間がかかろうと、
病院に泊り込みになろうと自然分娩をしてもらえるよう
心がけています。

医療が進化して、安全な出産が当然。
無事に産まれて当たり前な時代。

でも、出産は命を懸けと心の片隅にでも置いていてください。

お正月、いっぱーい食べてしまった妊婦さん。
寒くて、こたつから脱出を試みず、こたつな感じになりつつある
妊婦さん。ちょっとした、配慮の違いで、楽チンに出産か、
うーん、うーんと長時間苦しむか。

これは天と地の違いです。

どうぞ体重管理にはお気をつけください。

塩分・甘いもの・油ものetcデトックス願います。


当医院も、全力で安産になるよう指導とともに、
皆さんが安心・安全に出産出産していただけるよう万全を期します!

ご協力よろしくお願いいたします。
[PR]



by hyamada_clinic | 2011-01-04 12:04 | 出産・妊娠

MINNMI 痛くない出産法

日曜日、なにげなくTVをつけていたら、
『CMの後は、MINNMIさんが語る、
痛みなく産める奇跡の出産法をお届けします』と聞こえてきました。

なになに?
無痛分娩?新薬?ミンミって誰?などと思い、かぶりつきに。

CMあけに画面に映ったのは、
かなりとんがったR&B、レゲエ系のミュージシャンの
MINNMIが、なんとも柔らかい笑顔で登場。

母となるということは、こんなにもキャラクター
を変えてしまうのか!と愕然。

そんな、ママMINNMIさんの語った痛くない出産法は、
無痛分娩でも、新薬でもない、
『赤ちゃんに語りかける』と言うことでした。

出産時、お母さんは自分の陣痛の痛みに集中しすぎて、
赤ちゃんの事まで考えられないパニック状態になりがちです。

そんな状態の中で、自分の痛みではなく、
赤ちゃんはすごい勇気を振り絞り、狭い産道を苦しい思いをして
この世に出てくるんだという、赤ちゃんの気持を理解し、
赤ちゃんを応援しながら、一緒に頑張って出産する方法だったのです。

「右回りやで~右回りやで~」っておなかの赤ちゃんにアドバイスし、
頑張って、お母さんも頑張るからと、赤ちゃんに意識を集中すると、
驚くほど痛みが少なく出産できるそうです。

きっと、母親学級や、両親学級で
「出産時は赤ちゃんも頑張っています・・・」とお伝えしたり、
陣痛がきつかったり、難産の時は
「赤ちゃんも頑張ってるんですよ!ママも頑張って!」
と声をかけますが、よく考えてみれば、授業の一環でピンとこなかったり、
痛くて、辛くて何がなんだか分からない状況で言われても、
冷静に考えることなんてできませんよね。

確かに出産前から、自分だけが産むのではなく、
赤ちゃんとの初めての共同作業だと意識して二人して頑張って
望むのではずいぶん違いますよね。

そして「右回りよー」と道案内してあげるのか!と納得。

もちろん、個人差はあるとは思いますが、ぜひ試してみてください。

ちなみにMINNMIさんの旦那様は湘南乃風の“若旦那”さん。
この若旦那さんを中心に湘南乃風はムコ多糖症という難病を支援して
活動され、大きな成果をあげられています。

この方も、かなりパンチの効いた見た目ですが、愛溢れるタイプの方ですね。
とってもお似合いです。
[PR]



by hyamada_clinic | 2010-06-15 22:50 | 出産・妊娠

女性であることをいつまでも楽しんでほしい。滋賀県の山田産婦人科からの情報発信です。お問い合わせはycyamada@gmail.comまでご連絡ください。
by hyamada_clinic
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ファン

ブログジャンル

画像一覧